初心者でも簡単!自分でセルフジェルネイルのすすめ※目指すは自宅でサロン開業

爪の表面のケア方法【意外と知らない基本】まずはベースをキレイに

爪は健康のバロメーター とはよく言いますが

 

爪は健康状態を表している一部で、病院などでもかならずチェックされている部分でもあります。
爪の色、爪の表面は健康状態によってさまざまに変化します。

 

爪の色がピンクでツヤがある状態が一番好ましく、白濁したり、黒褐色に変化した場合は病気を疑わなければなりません。

 

また最近ではジェルネイルが主流になり、爪の状態を確認することができない場合もあります。

 

爪の痛みに要注意

ジェルネイルをされている方に多いのが、爪の痛みです。
繰り返しジェルネイルをすると、自爪自体を傷めてしまうことがあります。
また、セルフネイルのオフの際に、無理にジェルをオフすることで、爪まで削ってしまい、薄くなってしまいます。

 

ジェルネイルはたまに休むことが大切です

何ヶ月かに1回はジェルネイルをお休みすることが望ましいです。
またお休みをする際は、丁寧にオフし、爪の表面をファイルでバフィングし、
保湿ケアをすることが大事
です。
不安な方は始めはネイルサロンへ行くことをおすすめします。

 

セルフケアで気をつけたいポイント

 

自宅でセルフケアをする際は、削りすぎに注意して下さい。

 

シャイナーなどのツヤ出しも、ツヤを出すだけで薄くならないと思われがちですが、実はシャイナーも目の細かいファイルなので、磨きすぎると爪が薄くなってしまいます。

 

 

ケアの後は爪の表面にトリートメントなどの保湿を与えることで、爪は元気で丈夫になります。

 

爪の表面のケア方法【意外と知らない基本】まずはベースをキレイに関連ページ

爪の長さと形を整える方法
爪切りはNG.長さを整えるときは必ずファイルを使用しましょう。全体のバランスを見ながら、丁寧に1本1本を整えてきましょう。爪の長さ、形を変えるだけでも指が細くいえるなど、見栄えや印象がかわります。
甘皮やささくれの処理方法
ささくれの多い原因は、乾燥です。乾燥することで、二枚爪になったり爪が割れることがあります。乾燥を防ぐには保湿をすること。ハンドクリームや、キューティクルオイルを塗るなど定期的なケアが大事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ジェルネイルの種類 ジェルネイルの準備 キット選びのコツ ケア方法 オフ方法 爪のお手入れについて