初心者でも簡単!自分でセルフジェルネイルのすすめ※目指すは自宅でサロン開業

ハードタイプ【しっかり固めで丈夫!】長さを出すことができる

ハードジェルとは

ハードジェルはソークオフジェルやセミハードジェルと違い、強度があり、爪の長さが出せるジェルネイルです。
ジェルは粘度が強く、固さがあるので長さを出すことが出来きます。

 

ハードジェルのデメリット

しかし、ジェルの柔軟性はとても低いため、強い衝撃を受けると折れてしまうことがあります。

 

また、ソークオフジェル、セミハードジェルとは違い、透過性がないので空気や水を通さず、リフトなどの浮きを放置した場合はカビが生えてしまう可能性もあります。
きちんとメンテナンスを行うことで、カビを防ぐことができるので、2〜3週間を目安にメンテナンスを行いましょう。

 

ハードジェルのお手入れ

ハードジェルは長さ出しを可能にするために、自爪との定着をよくする必要があります。
そのため、自爪をファイルで削り、プライマーを塗布します。

 

また、オフをする際にも、定着が強いため専用のリムーバーや、アセトンではオフすることができません。
オフはファイルを使い、ジェルだけを削ってオフをしなければならないので、十分に気をつけて行わなければなりません。

 

セルフネイルには扱いずらく、不向きといえるでしょう。
ハードジェルの持ちは、ソークオフジェル、セミハードジェルに比べてやや短く、2〜3週間です。

ハードタイプ【しっかり固めで丈夫!】長さを出すことができる関連ページ

ソークオフタイプ
ソークオフジェルは、専用リムーバーで簡単に落とせる爪に優しいジェルです。自爪に傷をつける必要もなく、プライマーも不要なのでトラブルが少なく、また柔軟性に優れているので自爪の保護、強化にもなります。ただし、長さを出すには不向きのジェルなので、フローターにおすすめです。
セミハードタイプ
セミハードジェルは、ジェルによる長さ出しができ、ソークオフジェルのように、専用リムーバーでオフができるジェルです。硬化後、ハードジェルのような硬さを保ち、自爪が長い方や自爪が弱い方の補強としても使用可能です。
カルジェル
カルジェルはプロ専用のジェルネイルです。自爪へのダメージを最小限に抑え、自爪を削ることもなく、自爪に優しいシェルネイルです。専用のトップコートを定期的に塗ることで、3〜5週間綺麗な状態を保つことができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ジェルネイルの種類 ジェルネイルの準備 キット選びのコツ ケア方法 オフ方法 爪のお手入れについて