初心者でも簡単!自分でセルフジェルネイルのすすめ※目指すは自宅でサロン開業

ハードタイプのオフ方法※ネイルの削り過ぎに要注意

ハードジェルのオフ方法

ハードジェルは、ソークオフジェルや、セミハードジェルジェルのように専用リムーバーまたはアセトンで落とす事ができません。
ハードジェルを落とすにはファイルでジェル全体を根気よく削る必要があります。
また、ハードジェルは完全にオフしようとすると、自爪を傷付けてしまう可能性があるので、
爪に薄くジェルが残った状態で終了します。

 

用意するもの

ファイル
ニッパー
キューティクルオイル

 

手順

ハードジェルで長さを出している場合は、ジェルの部分だけをニッパーで切ります。
 このとき、自爪を一緒にカットしてしまわないよう気をつけましょう。

 

100Gファイルで、自爪のぎりぎりまでハードジェルを削ります。

 

薄く残ったハードジェルは、150Gファイルまたはバッファーなどで徐々に注意しながら削り落とします。
 最後にシャイナーで磨くとツヤがてで自然な爪になります。

 

 爪と指の保湿のために、キューティクルオイルを塗って完了です。

 

POINT
ハードジェルのオフはセルフには大変難しく、削り過ぎて自爪がペラペラに薄くなってしまう方が大変多いため、サロンでネイリストにオフをしてもらうことをおすすめします。

ハードタイプのオフ方法※ネイルの削り過ぎに要注意関連ページ

ソークオフタイプ
ソークオフジェルは専用リムーバーまたはアセトンでオフしましょう。無理に剥がすと爪が薄くなり、亀裂が入ったり二枚爪の原因となります。15分〜20分放置することで、簡単にジェルを落とすことができます。
セミハードタイプ
セミハードジェルは専用リムーバーまたはアセトンでオフが可能ですが、溶けにくいジェルのため初めにジェルを薄く削る必要があります。無理に剥がすと爪が薄くなり、亀裂が入ったり二枚爪の原因となります。15分〜20分放置することで、簡単にジェルを落とすことができます。
カルジェル
カルジェルは、溶液除去タイプのジェルネイルで、専用リムーバーで簡単にオフすることができます。 10分〜15分の放置時間でジェルが浮いてきます。無理に剥がそうとすると自爪を痛めてしまうので気をつけましょう。オフの後はキューティクルオイルで保湿をしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ジェルネイルの種類 ジェルネイルの準備 キット選びのコツ ケア方法 オフ方法 爪のお手入れについて