初心者でも簡単!自分でセルフジェルネイルのすすめ※目指すは自宅でサロン開業

セミハードタイプのオフ方法※ネイルの削り過ぎに注意!

セミハードジェルのオフ方法

セミハードジェルは、専用リムーバーまたはアセトンでオフすることが可能ですが、ソークオフジェルに比べて多少溶けづらいジェルです。

 

用意するもの

ファイル
専用リムーバーまたはアセトン
コットン
アルミホイル
キューティクルオイル

 

手順

 まずは、ジェルの表面を100Gファイルで削ります。
 この時、極力ジェルが薄くなるまで削って下さい
 セミハードジェルは、ソークオフジェルに比べて硬く、厚みがあるため
 ジェルを薄くすることにより、リムーバーの浸透がよくなります。
 自爪を削らないよう十分注意して下さい。

 

 次に6/1のサイズくらいにカットしたコットンに専用リムーバーまたはアセトンを浸し、爪にのせアルミホイルで多います。
 約15分〜20分放置します。
 放置する時間はジェルメーカーにより異なるので確認して下さい。

 

 15分〜20分放置した後、アルミホイルをはずします。
 ジェルが柔らかく浮いてきたら、オレンジウッドスティックや、プッシャーなどで取り除きます。
 強く擦りすぎると自爪を傷つけてしまうので気をつけてください。

 

POINT
 ジェルがういていない場合は、1〜2の工程を繰り返します。
 ジェルを早くオフする方法としては、温めることです。
 専用リムーバーまたは、アセトンを容器に入れその中に爪を浸けます。
 湯煎にかけ、温めることで早くジェルをオフすることができます。

 

最後に手をキレイに洗い、爪の保護のためにキューティクルオイルを塗布します。

 

セミハードタイプのオフ方法※ネイルの削り過ぎに注意!関連ページ

ソークオフタイプ
ソークオフジェルは専用リムーバーまたはアセトンでオフしましょう。無理に剥がすと爪が薄くなり、亀裂が入ったり二枚爪の原因となります。15分〜20分放置することで、簡単にジェルを落とすことができます。
ハードタイプ
セミハードジェルは、専用リムーバーまたはアセトンで落とすことができません。そのため、根気よくジェルを削ってオフしなければなりません。初心者の方には難しいため、ハードジェルのオフはネイルサロンでのオフをおすすめします。
カルジェル
カルジェルは、溶液除去タイプのジェルネイルで、専用リムーバーで簡単にオフすることができます。 10分〜15分の放置時間でジェルが浮いてきます。無理に剥がそうとすると自爪を痛めてしまうので気をつけましょう。オフの後はキューティクルオイルで保湿をしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ジェルネイルの種類 ジェルネイルの準備 キット選びのコツ ケア方法 オフ方法 爪のお手入れについて